胃にできるがんの治療|腰痛のだからとあなどるなかれ|悪化する前に

腰痛のだからとあなどるなかれ|悪化する前に

医者

胃にできるがんの治療

婦人

早期がんと進行がんがある

胃がんの特徴は、初期症状がほとんどないことで、症状が進行してくると、吐き気や腹痛、黒い便がでるなどの症状がでてきます。胃がんは、日本人に多いのが特徴で、40歳以上の中高年に発症することが多い病気です。胃がんには、早期がんと進行がんがあり、がん細胞が胃の粘膜の表面にとどまっている状態が、早期がんです。早期がんの場合には、内視鏡でがん細胞を切除する手術が行え、体への負担が少ない治療ができます。進行がんは、粘膜の内側の筋層にまで、がん細胞が浸潤した状態で、胃の大部分を切除する手術が、必要になる場合があります。胃がんが進行すると、リンパ節やほかの臓器に転移することもあり、手術のほかに、抗がん剤を使った化学療法で治療を行います。

除菌療法を行う

胃がんは、初期の場合自覚症状がなく、自分で気付きにくいため、注意が必要です。胃がんは早期発見することが大事で、がんがあまり進行していないうちに見つければ、がんと周辺の細胞を切除する手術で治療ができるので、定期的に検査を受けるように気を付けると安心です。胃がんの原因は、ヘリコバクターピロリ菌に感染していると、発症のリスクを上げることがわかっています。ヘリコバクターピロリ菌に感染しているかどうかは、簡単な検査でわかるので、もし感染していた場合には、除菌療法を受けることで、胃がんになる確率を減らすことができます。除菌療法は、薬を服用するだけで行うことができます。塩分の過剰摂取や、野菜不足などの食習慣も、胃がんの原因となるため、生活習慣に注意する必要があります。