腰痛のだからとあなどるなかれ|悪化する前に

看護師

胃にできるがんの治療

婦人

胃がんは、胃の内側の粘膜にできるがんで、中高年の日本人に多く発症するのが特徴です。早期がんと進行がんがあり、早期がんであれば、内視鏡で取り除くことができます。ヘリコバクターピロリ菌に、感染していると発症しやすくなるので、除菌療法を受けるように、気を付ける必要があります。

詳細へ

気付きにくい胆管のがん

カウンセリング

胆管がんはステージ1の治療成績は優秀ですが、ステージ2では、がくんと治療成績が下がりますので、早期発見が重要であり、そのためには定期的に検査を受ける必要があります。危険因子は加齢、胆石、以前に胆管、胆のうの疾患を経験していることです。また、脂っこい食べ物が好き、野菜不足、運動不足も要注意です。

詳細へ

対応を間違えない様に

女性

急性の場合は安静が一番

腰痛で悩まれている方は非常に多いのではないでしょうか。腰痛も大きく2種類に分類する事が出来ますが、一つは世間一般で言われるギックリ腰に代表される様な急性腰痛、もう一つは筋肉疲労や椎間板ヘルニアといわれる症状に代表される慢性腰痛となります。軽い痛みだからと放置してしまうと症状が酷くなり治る迄に時間を要してしまいますので、腰痛になったら急性なのか慢性なのかをしっかり把握して早めの対処をして下さい。ギックリ腰等の急性であれば、痛めた部位の筋肉等が炎症を起こしている場合が多いので、患部を冷間湿布や冷えた保冷剤等で冷やし安静にしている事が大切です。逆に間違って患部を温めた場合には炎症が酷くなる可能性がありますので注意が必要です。

対処方法の違い

慢性腰痛の対応には、急性とは逆の対応が必要で患部を温める事で、血流が改善され痛みが取れ易くなりますが何が原因なのかを把握しておく必要があります。慢性腰痛の主な原因としては、同じ姿勢での長時間作業等による筋肉疲労から来る症状と、椎間板ヘルニアに代表される背骨等の骨格の歪みによる症状、肥満や運動不足が原因とされる血行不良による症状と大きく分ける事が出来ます。同一姿勢による長時間作業や、運動不足や肥満から来る血行不良による腰痛であれば、姿勢の保持方法を変更したり定期的なストレッチ、ジョギングやウォーキングと言った運動を定期的に取り入れる事で、血行が良くなりますのでそれに伴い腰痛も改善されます。但し骨格の歪みによる痛みであれば、病院でのきちんとした治療が必要となります。

メリットがたくさん

病院

在宅医療を受ける方が増えていますが、世田谷区は特に協力機関が多い優良地域です。患者さん本人も自宅でリラックスしやすく、入院費の節約と言う経済的なメリットも期待することができます。病院で外来治療を受けながら在宅医療を行うことも可能なので、セカンドオピニオンも利用して最善の道を探りましょう。

詳細へ

こちらもおすすめ

  • 苦しい腰痛を少しでも楽にするためのお助け情報

    つらい腰痛を改善させる方法は様々なのです。悩みのない快適な毎日を過ごしたいのであればこちらが必見ですよ。